補聴器の選び方を攻略|現在の自分の聴力に適したものをCHOICE

記事リスト

診察

メニエール病

若い女性が、めまいを起こす病として有名なのもので、メニエール病がありますが、現れる症状は人それぞれ頻度が異なります。また、メニエール病になる原因として、内耳が関係してきますが、水ぶくれを起こす箇所により症状はまったく変わります。

補聴器

選ぶ際に大事なこと

補聴器の選び方で大事なことは、自分の耳の形状や周囲の音がより聞きやすい物を選ぶことにあります。価格面だけで選ばずにより自分に適している補聴器を選ぶようにしましょう。その際には、耳鼻科のドクターや補聴器店にいるアドバイザーと相談しましょう。

見た目も重要です

補聴器

いろいろな製品があります

補聴器は一昔前に比べて性能だけでなくデザインも豊富になっています。そのため、高齢者だけでなく病気などで難聴になった人も利用しやすくなっています。そして、価格帯も抑えられていて、一台当たり10万円以下で購入できるタイプもあり手が出しやすくなっています。基本的な選び方としては、耳鼻科で聞こえにくい理由を判定してからになります。年齢による聴力の衰えもありますが、中耳炎や突発的な難聴もあります。そして、聴力はもちろんのこと、特定の周波数の音が聞こえない場合もあります。これによって、聴力レベルに応じて補聴器を選んでいくことになります。ちなみに、タイプとしては耳あな型や耳掛け型などがあり、その点から選択をするという選び方もあります。もちろん、タイプによって性能や対応できる領域があるため、その点も相談をしながら決めることが必要です。そして、デザインも豊富にあり、目立ちにくい肌色の他に赤や青などカラーバリエーションも用意しているメーカーもあります。これによって、目立たなくするのではなく逆にファッション的に取り入れるということもできます。これによって、見た目も良く使いやすくすることができます。ちなみに、販売店によって異なりますが、無料レンタルをしているところもあり、使い勝手を確認してから購入するという選び方も可能です。これによって、性能はもちろんのことデザインや使い勝手も確認して決められるというメリットがあります。そして、違う視点からの選び方として、補聴器本体の性能も大切ですが、アフターフォローも加味したほうが後々安心です。聴力の低下で補聴器の調整が必要にあることもあり、その時にもしっかりと対応してくれる販売店を選ぶことが必要です。

医師

優れた薬が開発されている

めまいは耳や脳の異常が原因で起こることが多く、回転性めまいの場合は耳の病気が原因の可能性があります。内服薬による治療が中心ですが、吐き気が強い場合は点滴や注射の治療が受けられます。気になる症状が見られたら、早めに医療機関を受診して下さい。

補聴器

用途によって決めよう

補聴器の選び方のポイントとしては、まず寿命が5年間程度であることを前提に予算を考えるということが挙げられます。そして、形はどのようなものがいいのかや、どんな目的で使うのかということも考えておく必要があるでしょう。

女性

どこを受診するのか

誰にでも起こるめまいには様々な原因が考えられます。自己判断で大したことはないと考えず、長く続くようであれば耳鼻科を受診したほうがよいでしょう。そこで検査を受けて大きな病気が発見される可能性もあります。